カサカサからプルプルに|乾燥肌に嬉しい化粧品

ウーマン

映画女優のような肌に

メイク

摩擦がないというメリット

メイクが肌にとって負担となる場合、それは化粧品に含まれる添加物のような成分だけの問題ではありません。化粧品を顔につけるときの摩擦が刺激になるためでもあります。特にファンデーションなどはムラのない仕上がりにしようと何度もパフでこすってしまう人が少なくありません。しかし肌のこすりすぎ自体が刺激となって肌に負担をかけ、やがてはシミやくすみの原因ともなりかねないので気をつける必要があります。その点、肌を直接こすることのないエアブラシメイクなら余計な負担をかける心配がありません。さらに、直接パフでつけるのと比べると格段にムラがなく、自然で美しい仕上がりになるのもエアブラシメイクの大きなメリットのひとつです。

清潔で長く持つ

エアブラシメイクは化粧品を微粒子状に細かくしてから空気の圧力によって肌に吹き付けるという方法なので、顔のポイントによってファンデーションが厚すぎたり薄すぎたりといった塗りムラとは無縁です。そのため、特に高いメイク技術を持っていなくてもエアブラシメイクを使えばプロの女優のような肌の仕上がりも容易に実現できます。さらに、仕上がりが美しいというだけでなくメイクの持ちがよいという点も見逃せないポイントです。化粧品の成分を微粒子化することによって、化粧崩れを起こりにくくすることに成功しているのです。顔ににきびができやすい人は素手でメイクをするとにきびを悪化させてしまうことがありますが、エアブラシメイクは肌に指が触れないのでその点でも安心です。